気になる鞄の部品や名称あれこれ



ちょっと気になる エントリーNo.13
底ビョウさん

「縁の下の力持ち」とでも申しましょうか?
あまり人目にふれる場所ではありませんが
このパーツを重視して、カバンを選ばれる方は
多いです。ビジネスバッグならではのシーン
名刺交換やホームでの電車待ち、現場での打合せ
・・・・など、じっとカバンを守ってくれる存在です。
ビジネスバッグの気になるパーツ紹介★底ビョウ
ちょっと気になる エントリーNo.12
スラス

ファスナーを引っ張るときに
なくてはならない大事な部分を「スラス」と呼びます。


このスラスは「革」や、ブランドのロゴ入りプレートなど
ユニークな形も増えていますね。

「スラス」を長くしたり、つまみやすいように
程よく肉厚を持たせるものもありますが
それはファスナーを引っ張りやすくしたり
カバン自体にも負担をかけない工夫であります。

その工夫も、時には・・・

独立した「デザイン」となって、カバンそのものを
グンと引き立てることもあるんですよ〜〜

お見事!! →
かばんの部品 スラス ファスナー持ち手
かばんの部品 スラス ファスナー持ち手
ちょっと気になる エントリーNo.11
持ち手(ハンドル)さん:丸手

以前エントリーNo.3でご紹介した「平手」と対照的な
持ち手の種類「丸手」。しかも今回は贅沢にも
天然僕を使用したハンドルさんをご紹介。

これだけの肉厚で、美しく滑らかに仕上げられると
カバンを持つたびに幸せ気分が味わえそう。

手から出る皮脂によりさらに味わい深く
濃い色味に変化していくでしょうね〜。


写真は天然僕のハンドル使用の鞄:メンズクラブ
カバンの部品 持ち手 ハンドル
ちょっと気になる エントリーNo.10
あおりちゃん

カバンの中央のメインの部屋を
前後両サイドからサポートしている大ぶりのポケット。
両面2つの場合は「両あおり」片一方の面だけに
ついている時は「片あおり」と呼びます

「あおり」があると、とっさの「出し入れ」に大活躍。
地味ながら大きな「利便性」があります。

写真は典型的な両あおりスタイル:ルコントビジネスバッグ
両あおりが便利なビジネスバッグ ルコントシリーズもご覧ください(^^)
ちょっと気になる エントリーNo.9
ベルクロ

日本では「マジックテープ」って言いますよね。
昔、アメリカ人の先生を接客した時に知りました。
「マジックテープ」が日本語だったのに驚きました。


最近はファッション誌でも「ベルクロ」と表示されてますが
いつ聞いても「のらくろ」を思い出してしまうのは
私だけでしょうか??・・・・わん!
べるくろ マジックテープ
ちょっと気になる エントリーNo.8
ナス管

ショルダーストラップや、メンズバッグの
持ち手と本体をつなぐ金具の一つ。
 
なぜ「ナス」なんでしょう?
「ナス管」利点は360度回転することです。
ベルトのもつれを防ぎますが、回転しすぎに注意。
逆にもつれすぎたり、磨耗してしまいます。

ナス官 ☆気になるパーツ

ちょっと気になる エントリーNo.7

かぶせ

クラッチバッグの特徴とも言える
「かぶせ」所謂「ふた」の部分です。
 
ファスナータイプのものよりも
ワンタッチの素早い開閉と
雨による水滲みから書類を守ってくれる
大事なパーツです。
 
かぶせ☆気になるパーツ

ちょっと気になる エントリーNo.6
かくれ磁石

主にナイロン素材のビジネスバッグによく見られます。 
磁石をむき出しにしているのが一般的でしたが

「引っ張る際生地に負担がかからないように」
 
「パーツが、書類等にひっかからないように」
などの
心配りがあり、磁石パーツを生地の下に
縫い込む工夫が
されてきました。
 
実に気持ちの良いものです。
隠れ磁石☆気になるパーツ☆


ちょっと気になる エントリーNo.5

たまべりっちょ

主にナイロン素材のビジネスバッグによく見られます。 
形状は名前の如く 丸みのあるチューブのように
生地が
「へり:サイド」についています。
 
カバン本体カタチ崩れを防ぐ為に
シャキンと「へり」にはりめぐらされた加工。
 
実際に「たまべり」してあるものと
そうでないもの(例えば袋縫いのもの)を比較すると
かばんの印象そのものまでがガラリと変わります。
 
たまべり〜まっち☆


ちょっと気になる エントリーNo.4

むし


ファスナーを形成する 1個1個 の目のことを
私たちは【むし】と呼んだりします。
大きさはカバンやコンセプトにあわせて様々ですが
大き目の【むし】は程よい滑り心地と
安定した走り(??車みたい)
 
近年は海外用のスーツケース(ポリカーボネイト素材)にも
ファスナーを使用して軽量化される傾向が強いですが
この時の【むし】にも注目してみてください。
 
おっっきな【むし】に会えますよ〜★
かばんのパーツ 中谷かばん店メルマガより



ちょっと気になる エントリーNo.3

持ち手(ハンドル)さん:平手】

様々なカバンに付いている、様々な持ち手。
時には「ボン」と肉厚の丸々したもの。
時にはシェイプアップされ、革を一部削いだりして
シャープな平手。革に限らず、アルミになったり
樹脂になったり、天然木だってありますよね。
みんな、かばん本体との調和をとった上で
「主」を疲れにくく、快適にするように頑張ってます。

今回は最近感動したLAGASHAの
革のダブル使用の贅沢持ち手→

かばんのパーツ 中谷かばん店メルマガより


ちょっと気になる エントリーNo.2
かしめちゃん】

かばんのベルトの付け根や、持ち手の付け根
ここ一番で補強が必要なところに
ばしぃっとキメてくれるパーツ、かしめ。


ステッチとかしめのダブルの補強は
職人さんの「しっかりサポート」の気持ちが伝わります。
かばんのパーツ 中谷かばん店メルマガより
時おり、こんな風にデザインの要素として
存在感たっぷりの「かしめ」もあります。



ラム革の、とってもやわらかな一品ですが
かしめのポイントが、表情全体をガラリと
変え、モダンで存在感たっぷりなバッグになりました。

お見事!
かばんのパーツ 中谷かばん店メルマガより



ちょっと気になる エントリーNo.1
ファスナーエンドの、べろ

ファスナー・カバンのサイズによっても異なりますが
平均すると親指ほどの大きさの「ツマミ」 
べろの様なので「べろ君」と勝手に命名(^^;)
ファスナーの始点・終点の辺りにいます。
 
ファスナーを開けるために、つまんで鞄本体を
支える
「支点」となる「べろ君」

無ければ、地味〜に不便なパーツだと思います。
 
かばんのパーツ 中谷かばん店メルマガより
★ベロ君の正式名称:「?」・・・どなたか分かる方、教えて下さ〜い

Copyright 2006 ビジネスバッグなら中谷かばん店 All Rigths Reserved. 無断転写・複写を禁じます